ビジネス初心者のための契約書入門

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません


▼カテゴリ【契約書の構成】です。

【契約書の構成】では、契約書はどのような構成をしているのかをお話しているページをまとめています。


代理人の書き方は? ~ 法人の場合 ~

前回は、契約当事者が人(自然人)の場合のお話をしました。 今回は、契約当事者が法人(会社や社団法人・財団法人など)の場合のお話をします。 法人は、体がないので、自分では契約書を作成することはできません。 このため、今回お・・・

代理人の書き方は? ~ 人(自然人)の場合 ~

「代理人の書き方を教えてください」というご質問をいただいたので、こちらでご紹介します。 書き方というのは、契約当事者の表示についてでお話をしている内容のことです。 一般的な書き方を記載していますが、質問のような例があるの・・・

準拠法の指定について

準拠法の指定についてです。 管轄裁判所の指定と同じく、契約書の最後の方に規定されている契約書が多いです。 準拠法の指定の記載方法 準拠する法律がどこの国の法律なのかを定める規定です。 条文の記載も以下のようにシンプルです・・・

目録について

目録は、契約書によっては、記載がないです。 では、どのようなときに目録を記載するのでしょうか? 目録の目的 契約の対象物を特定するため 例えば、賃貸借契約で対象になる建物が一つの場合は、目的条項に記載しても良いです。 し・・・

契約当事者の署名押印(署名捺印)、記名捺印(記名押印)について

契約書の最後に記載する重要な物です。 前の作成年月日同様、絶対に記載する項目です。 署名押印(署名捺印)、記名捺印(記名押印)の意味 最近では、契約書はパソコンなどで作成し、印刷して使用します。 このため、契約当事者以外・・・

作成年月日について

絶対に必要な記載事項です。 契約書を作成した日を記載します。 契約書とは?でもお話ししたように、 契約書をツールとして使い、契約交渉をするので、 通常は、契約成立日=契約書作成日になります。 「通常は」ということは、当然・・・

後書き(後文)について

契約書の最後に記載する文です。 この後書きは、一般的に、どの契約書にも記載があります。 記載内容 契約書の体裁を整える文 契約の当事者間で合意が成立したこと 契約書を何通作成するか? 契約書を保管するのは誰かするか? 尚・・・

目的条項について

目的条項の詳細については、契約書の記載内容についてでお話します。 ここでは、簡単に説明します。 ここでも、建物賃貸借を例にしてお話ししますと、 例えば、「どの建物を賃貸借するのか?」「賃貸借する期間は?」「賃料は?」など・・・

前書き(前文)について

ひとつ前のお話しの契約当事者の表示と同様に、こちらも契約書によっては、ありません。 ただし、契約当事者の表示と前書き(前文)のどちらかはあることがほとんどです。 前書き(前文)または、契約当事者の表示が必要な理由 理由は・・・

契約当事者の表示について

契約当事者の表示は、契約書によっては、契約当事者の表示はありません。 このため、ここでは表示する場合の記載の仕方をお話しします。 記載内容 契約当事者を特定するために記載します。 このため、契約当事者が特定されるに足る情・・・
広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)