ビジネス初心者のための事業計画入門

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません


事業計画書といえども文章だから ~ 文章構成の基本5W1H ~

最初は、事業計画書は何を書くのか?を考えます。
それぞれの項目については、今後、お話をしていますが、今回は、基本のお話です。
事業計画書といえども文章ではあるので、文章作成の基本といわれる5W1Hのお話をします。

事業計画書でいう5W1Hとは?

5W1Hとは?

事業計画書の前に、基礎知識としての5W1Hについてお話をします。
具体的な5W1Hの内容は次のとおりです。

  1. When=いつ
  2. Why=なぜ
  3. Who=誰が
  4. Where=どこで
  5. What=何を
  6. How=どのように

これに、「どのくらい」を意味する
  • How Much
  • How Many
と、
  • Whom=誰に
を入れて6W2Hという場合もあります。

基本なので、これをそのまま事業計画に当てはめようとしても思いつかないこともあるかも知れません。

事業計画書でいう5W1Hは?

思いつかない場合に備えて、簡単な例を挙げてみます。

いつ(When)

時間関係なので、スケジュールや目標の達成時期などです。

なぜ(Why)

なぜ新しくいるのか?という意味で、事業のサービスや商品の必要性や必然性、提供する意義などです。

誰に(Who)

事業計画に書くのですから、事業の関係者です。
具体的にには、対象顧客や協力者などです。
協力者については、「事業計画書とは?」でお話していますので、ご覧ください。

どこで(Where)

どこでは、事業の対象地域です。
大きく分けると次の2つの対象地域です。

  • 販売地域やサービス提供地域などの提供対象地域
  • 原料の産地など需要対象地域

何を(What)

例えば、商品やサービスの内容や事業ドメインなどです。

どのように(How)

例えば、具体的なアクションプランです。

今回は基本的なお話しをしました。
順次、例としてあげた内容についての具体的な内容についてお話をしていきます。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


このページの記事についてちょっと質問!