セキュリティ入門Web講座

ブロックチェーンとは ~ 分散型台帳技術の概要 ~

今回から4回に分けて、仮想通貨で使われている技術として有名なブロックチェーンのお話をします。
セキュリティと何が関係するの?という疑問はあるかもしれませんが、契約にも使えるというお話もあります。
このところ、電子契約のお話をしていますので、ブロックチェーンではどう実現されるのか?という視点でお話をします。
今回は、ブロックチェーンの技術的な概要についてのお話です。
注意いただきたいのは、電子契約に用いるために必要な最低限の技術に限定したお話ですので、仮想通貨で出てくるお話と異なる解釈ができる部分があることです。
また、データ量(セグウィット)問題やマイニング時間などといった仮想通貨特有の技術についてはお話していませんので、ご注意ください。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、日本語訳では「分散型台帳技術」と呼ばれます。
この日本語訳は、次の二つに分解することができます。
  1. 分散型技術
  2. 台帳技術

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

分散型技術

「集中型技術」と逆の技術です。
「集中型技術」の場合、司令塔があります。
多くの場合、この司令塔にすべての情報が集まり、処理され、保管されます。
銀行などのシステムを考えるとわかりやすいです。

集中型システムの流れ

集中型
  1. 預金情報は司令塔で保管されています
  2. 取引をするには店舗やATM、インターネットバンキングなどの、有形無形の窓口に行きます
  3. 窓口は、情報を保管している司令塔に取引内容を送り、結果の情報を要求します
  4. 情報を要求された司令塔は、取引内容に合わせた処理します
  5. 処理結果を窓口に送り返します
  6. 処理結果を受け取った窓口は、結果を利用者に提示します
このような流れで銀行システムが運用されています。

それに対し、「分散型技術」の場合、司令塔がありません。
分散された複数の場所で、処理され、保管されます。
分散型は仮想通貨のシステムでお話します。

分散型システムの流れ

分散型
  1. 仮想通貨の取引情報は、それぞれの端末(サーバやPCなど)と他の端末で保管されます
  2. 取引をするには、それぞれの端末が、取引情報を処理します
  3. 取引情報と処理結果は、他の端末に送ります
  4. 取引した端末は取引結果を保管します
  5. 取引情報を送られた他の端末は、取引情報を処理します
  6. 他の端末は、自分が保管している過去の取引結果と、今回の取引結果を比較します
  7. 比較結果が正しければ、他の端末が取引結果を保管します

台帳技術

台帳技術とは次のようなイメージです。
技術的には、データではありませんが、紙の台帳にたとえた名前なので、その対比でお話をします。

台帳システムの流れ

台帳
  1. 取引内容などを記載した一枚の紙(取引データ=トランザクション)を作る
  2. その紙をまとめて、台帳(ブロック)を作る
  3. 作った台帳(ブロック)は、紐でくくる(チェーンを作る)
  4. 一定の量(又は時間)にまとまった台帳(ブロック)は、ハッシュ値を追加して、既にある別の台帳に紐でくくる(チェーンを作る)

次回は、既に電子契約の方法としてお話をしている内容とどのように関係しているかお話をします。

タグ:


参考記事(一部広告含む)


このページの記事についてちょっと質問!