ビジネス初心者のための契約書入門

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません


目的条項について

目的条項について

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

記載の要否

目的条項は、契約当事者の表示前書き(前文)と同じく、こちらも契約書によっては、ありません
ただし、どれかがあることがほとんどです。
必要な理由は、既に前書き(前文)でお話をしていますので、ご覧ください。

記載内容

記載内容は以下の項目が多いです。
記載がないことがあるくらいなので、必ずしも、すべてを記載する必要はありません
前書き(前文)と同じような使われ方もするので、重複する部分もあります。

  1. 契約の目的
  2. 契約表示者の表示方法
  3. 契約の基準となる根拠を示す
  4. 抽象的な契約の内容
  5. 契約の経緯など

契約の目的

本来の目的条項は、このためにあります。
目的を明確に記載する時には、前書き(前文)ではなく、この条文を記載します。
条文化するほどでもない場合、前書き(前文)に記載されることもあります。
目的が前書き(前文)に記載されている場合は、基本原則として、この他の内容を記載することもあります。

契約表示者の表示方法

前書き(前文)と同じく、契約当事者の表示でお話をした「甲」「乙」やそれ以外の表記です。

契約の基準となる根拠を示す

契約当事者が何を重視しているのかを示します。
重視していることが判れば、契約の経緯と同じような意味で、契約条文で記載されている前提条件などが明確になるので、わかりやすくなります。

抽象的な契約の内容

契約の経緯など

前書き(前文)の内容と同じですので、ここでは省略します。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

ご注意

記載内容などにもよるのですが、前書き(前文)同じく、抽象的な記載になることが多いため、直接的な法的効力を持たないことが多いです。
書かれているから、効力があるとは言い切れないので、ご注意ください。

次は、後書きについてです。

タグ:


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


質問はこちらから