広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません


ビジネス初心者のための契約書入門

危険負担について

危険負担についてです。

危険負担という言葉をまず、説明しないといけないですね。

危険負担とは?

危険負担とは、簡単に言うと、危険な事項が起きた時に負担するのは誰?という意味です。

これだけではわかり難いので、車の売買を例にお話します。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

契約締結前

契約をする前に車に危険な事項が起きた、例えば落雷で壊れた・・・場合、車の持ち主である売主は、下記の二つの選択肢があります。

  1. 修理する
  2. 故障したまま買う人を探す

修理するなら修理代は売主が負担します。
故障したままであれば車の代金は安くなるでしょう。
どちらの場合も、売主がマイナス分を負担をします。

引渡し後

逆に、車を引き渡した後に、落雷で壊れれば、買主が修理することになるでしょう。
修理しない場合でも、使えなくなりますから、どちらにしても、買主がマイナス分を負担します。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

その間は?

それでは、契約をした後、車を引き渡す前に、落雷で壊れた場合はどうなるのでしょうか?
これが危険負担です。

例では車が壊れたとしましたが、モノによってや危険の内容によっては、モノが無くなることも考えられます。
契約を完遂するには、この壊れたり、無くなった契約対象物(モノ)を修理するなどしないといけないです。
例でお話したように、修理する場合は、当然、費用(修理代)が掛かります。
この費用(修理代)を誰が出すのか?を決める契約です。

では、最初に、費用負担する誰について考えてみましょう。

費用負担するのは、通常、原因事項を起こした人になるべきです。
では、原因事項を起こす人を以下のように分類して考えてみましょう。

  1. 原因が契約の関係者の場合
  2. 原因が第三者の場合
  3. 原因が人でないの場合

最初は、原因が契約の関係者の場合についてです。

タグ:


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


質問はこちらから