個人情報保護法Web講座

匿名加工情報とは?

ビックデータを活用したいという要望から改正で導入されたのが、匿名加工情報です。
今回はこの、匿名加工情報のお話をします。

匿名加工情報とは?

匿名加工情報は、その名前のとおり、匿名にする加工をした情報です。
これだけではわかり難いのと、人によって判断が異なることがあるので、個人情報保護法でも、もっと、説明があります。
匿名加工情報は、次のようにして、特定の個人を識別できないように加工した情報と定義されています。
個人情報の内容により異なるので、分けてお話をします。

  1. 個人識別符号が含まれる場合
  2. 個人識別符号が含まれない場合

個人識別符号が含まれる場合

個人識別符号が含まれる場合は、次のようにして、「個人識別符号が含まれない」状態にします。

  1. 個人識別符号を全て消す
  2. 個人識別符号を置き換える

個人識別符号を全て消す

元の情報から個人識別符号を全て消して、個人識別符号がない情報にします。

個人識別符号を置き換える

置き換えた後、元の個人識別符号に戻せないようにする必要があります。
何らかの方法で戻せる場合は、匿名加工情報とはなりませんので、ご注意ください。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

個人識別符号が含まれない場合

個人識別符号が含まれない場合は、次のようにして、個人情報ではない情報にします。

  1. 情報に含まれる記述等の一部を削除する
  2. 情報に含まれる記述等の一部を置き換える

情報に含まれる記述等の一部を削除する

元の情報から、次の情報を削除します。

  • 氏名のような単体で個人情報となる記述
  • 組合せで個人を特定できる情報となる記述

情報に含まれる記述等の一部を置き換える

基本的に、個人識別符号の置き換えと同じです。
置き換えた後、元の個人情報に戻せないようにする必要があります。
何らかの方法で戻せる場合は、匿名加工情報とはなりませんので、ご注意ください。

それ以外にも考える必要があります。
削除の部分でお話をしたように、置き換えた後の情報を組み合わせることで、個人を特定できる場合、置き換えたとしても個人情報であることから、匿名加工情報とはなりませんので、ご注意ください。

タグ:, ,


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


このページの記事についてちょっと質問!