個人情報保護法Web講座

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません


匿名加工情報の適正な提供の義務

匿名加工情報を取り扱う「個人情報取扱事業者の義務」の概略については、既にお話しました。
今回は、この「個人情報取扱事業者の義務」の中から、提供に関連する義務についてお話します。

  1. 加工
  2. 公表
  3. 提供
  4. 禁止事項
  5. 安全管理措置

提供

提供に関連する義務は大きく分けると以下のように分けられます。

  1. 匿名加工情報を提供することをあらかじめ公表
  2. 匿名加工情報であることを提供先に明示

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

匿名加工情報を提供することをあらかじめ公表

前回、「作成したことを公表しなければならない」とお話をしました。
これとは別に、提供することを公表する必要があります。

この理由は、作成しても提供しない場合もあるからです。
また、公表する項目も増えています。

作成しても提供しない?

提供は、第三者へ行う場合です。
第三者に該当するかの判断については、個人情報を提供する場合と同じ考え方です。
必要に応じてご覧ください。

公表する項目

公表する項目は、
  • 匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目
  • 匿名加工情報の提供方法
です。

一つ目の「匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目」は、作成時の公表と同じです。
二つ目の「匿名加工情報の提供方法」が増えた項目です。

あらかじめ?

提供するに公表が必要です。
この「提供する」の時期についての考え方は、作成時の公表の最後にお話をした時期と同じです。

匿名加工情報の提供方法
例示した方が分かりやすいので、例を挙げます。
  • プリントアウトした紙などを郵送
  • サーバにアップロード
  • DVDなどに格納し手渡し

匿名加工情報であることを提供先に明示

提供する情報が「匿名加工情報であること」を提供先の第三者に明示しなければなりません。

単に「通知していればよい・・・」というのではなく、確にしていなければなりません。
このため、口頭で通知では、不十分です。
  1. 書面を交付
  2. メール送信
など、提供を受ける第三者(匿名加工情報取扱事業者)に認識させる方法でなければなりません。

タグ:, , , ,


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


このページの記事についてちょっと質問!