個人情報保護法Web講座

名前だけ、メールアドレスだけでも個人情報に該当しますか? ~ 個人情報の質問1 ~

「名前だけでも個人情報に該当しますか?」、「メールアドレスだけでも個人情報に該当しますか?」とご質問頂いたので、こちらでご紹介します。
個人情報の基本的な知識については、下記でお話していますので、ご覧ください。

名前だけ、メールアドレスだけでも個人情報に該当しますか?

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

名前だけでも個人情報に該当しますか?

既に名前だけでも個人情報とご紹介しています。
このお話でも少ししていますが、同姓同名の問題です。

名前だけでは個人情報にならないのではないか?というご質問でした。
質問の趣旨は、同姓同名の人がいるのだから、特定の個人識別できるとまでは言えない!というものです。

確かに同姓同名の方はいらっしゃいます。
ただ、多くの場合、名前だけで個人が特定できると考えられるため、個人情報という扱いをしています。

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

メールアドレスだけでも個人情報に該当しますか?

既にメールアドレスだけでも個人情報とご紹介しています。

メールアドレスだけでは個人情報にならないのではないか?というご質問でした。

質問の趣旨は、メールアドレスは記号なのだから、特定の個人識別できるとまでは言えない!というものです。

確かに、記号と英数字だけであれば、特定は難しいかもしれません。
ただ、次のように、会社のメールアドレスの割当て規則で、個人名が使われているような場合は無いでしょうか?

Yamada.Taro@mail.houjin.co.jp

この場合、houjinという会社のYamada Taroさんとわかります。
ここまでわかると、特定の個人が識別できる可能性がでてきます。

このため、すべてのメールアドレスが個人情報ではないとまでは言えなくなります。
逆にすべてのメールアドレスが個人情報とも言えないです。

個別事例で対応することになります。
実務的には、個々の事例で対応を区別するのは難しいので、一律、個人情報として管理することをお勧めしています。

タグ:,


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません

参考記事(一部広告含む)


このページの記事についてちょっと質問!