▼タグ【相続手続き】です。

遺言書の有無や内容は、自筆証書遺言はばれるが、公正証書遺言は相続人にばれない? ~ 検認について ~

「遺言書の有無や内容は、自筆証書遺言は検認でばれるが、公正証書遺言はばれないですよね?」とご質問頂いたので、こちらでご紹介します。 「ばれる・ばれない・・・」とあまり穏やかではない意味の言葉ですが、よくよくお話を窺うと、・・・

遺言書と一緒に用意した方が良い戸籍謄本

今回は遺言のときに合わせて用意した方が良い戸籍謄本のお話です。 遺言の方式によっては、戸籍謄本が無くてもできます。 それでは、なぜ取得しておいた方が良いのでしょうか。 多くの遺言者は相続人が誰であるかを把握していることは・・・

全財産を相続させる場合

今回は、全ての財産を相続させる場合の条文例と注意事項をご紹介します。 特定の財産を指定する相続財産の条文例は、遺言書の条文についてをご参照ください。 全ての財産を相続させる場合の条文例 文例 第○条 遺言者は、遺言者の有・・・

遺言書に書かれていない財産があるのだがどうなるの? ~ 遺言されていない財産について ~

相続手続きを進めていたら、遺言書にかかれていない相続財産がでてきました。 この相続財産はどうしたらよいですか?とご質問頂いたので、こちらでお答えします。 遺言書への記載モレや遺言書作成後に所得した財産など、発生する原因は・・・

相続手続きに期限はありますか?

相続手続きに期限はありますか?とご質問頂いたので、こちらで紹介いたします。 さて、相続手続きの期限はあると思いますか? 相続手続きの期限について 相続手続きに期限はあるか? 実は、期限がありません。 相続税には支払い期限・・・

公正証書遺言があるかどうかわからない ~ 遺言検索から取得まで ~

公正証書遺言は公証役場が保管しているので、便利というお話を既にしています。 では、実際、相続が起こった時に、相続人はどのようにして公正証書遺言を手に入れるのでしょうか? 今回は、遺言書を手に入れるまでについてお話します。・・・

推定相続人同士の仲が悪い方は遺言書を作成しましょう!

今回は、遺言書を書いた方が良い人の中で、特に推定相続人同士の仲が悪い方についてお話します。 仲が悪い方がいらっしゃる場合、遺言書がある場合と無い場合で、争続になるかどうかに大きな違いが生じます。 今回は、この違いを中心に・・・

推定相続人の中に行方不明者、または、認知症など判断能力に疑義のある人がいる方は遺言書を作成しましょう!

今回は、遺言書を書いた方が良い人の中で、特に推定相続人の中に行方不明者、または、認知症など判断能力に疑義のある人がいる方についてお話します。 高齢化に伴い、認知症に代表される判断能力が低下するような症例が増えてきました。・・・

推定相続人の数が多い方は遺言書を作成しましょう!

今回は、遺言書を書いた方が良い人の中で、特に推定相続人の数が多い方についてお話します。 少子化と言われているくらいで最近では相続人が多い方は減ってきているようです。 と言いながら、ご兄弟が多い方はまだいらっしゃいます。 ・・・

複数回婚姻された方で以前の配偶者(元夫・元妻)との間に子供がいる方は遺言書を作成しましょう!

今回は、遺言書を書いた方が良い人の中で、特に複数回婚姻された方で以前の配偶者(元夫・元妻)との間に子供がいる方についてお話します。 ドラマなどでもよく題材にされるように、相続が争続になることが多いです。 極力なら争続にな・・・

広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません