遺言って?

遺言とは、生きている間に自分の死後に実現させたいことを意思表示したものです。
そこには、当然、家族や知人との関係や生活状況など、いろいろなことが関係してくることでしょう。
遺言をされる方(遺言者)は、その様ないろいろなことを考えながら、意思表示をすることになります。

もちろん、死後のことなんて考えたくない、死後なんてどうなってもよい、という意思表示・・・遺言をしないという選択もできます。
また、遺言をする前に突然の不幸にあわれる方もいらっしゃいます。
このような方のために、民法では、遺言がない時の相続人や相続分について、細かく定めています。
遺言を気にされる方だと、「法定相続」という言葉は、どこかで聞かれたこともあるかもしれません。
に細かくめられている相続から、「法定相続」と呼ばれています。

実現する内容としては、特に、遺言者の亡くなられた時の財産(遺産)に関するものが中心となります。
遺産が中心となるため、残された家族などの間で遺産に関する争い生じるかもしれません。
こうした遺産に関する争いを防ぐため、民法では遺言の要件が厳格に定められています。

このような理由で、たとえ遺言者の生前の意思として正しい遺言であっても、遺言の要件に合わない場合は無効となってしまうことがあります。

タグ:

質問はこちらから