区分所有の建物を相続する場合の条文例

今回は、マンションに代表される区分所有の建物を相続する場合の条文例と注意事項をご紹介します。
区分所有の建物以外の相続財産の条文例は、遺言書の条文についてをご参照ください。

区分所有の建物を相続する場合の条文例

文例

第○条 遺言者は、遺言者の所有する下記の区分建物を妻○○(昭和○○年○○月○○日生)に相続させる。

             記

         (一棟の建物の表示)
           所 在    ○○市○○町○○丁目
           建物の名称  ○○○○○○
         (敷地権の目的たる土地の表示)
           土地の符号  ○
           所在及び番地 ○○市○○町○○丁目
           地 目    ○○
           地 積    ○○平方メートル
         (専有部分の建物の表示)
           家屋番号   ○○番○○
           建物の名称  ○○
           種 類    ○○
           構 造    ○○
           床面積    ○○平方メートル
         (敷地権の表示)
           土地の符号  ○
           敷地権の種類 ○
           敷地権の割合 ○分の○

注意事項

文例の内容は全て建物の登記事項証明書(よく登記簿謄本とか謄本と呼ばれている物です。以降、謄本と略して書きます。)に記載されています。
建物の謄本に記載されている内容をそのまま書き写します。
お手元にない場合は、登記所で入手できますので、遺言書作成前に入手しましょう。

「区分所有の建物」としたのは、戸建の建物の場合、内容が異なるためです。
マンションなどの場合は、別途お話していますので、ご注意ください。

また、文例では妻としていますが、相続させる人や遺贈する人に書き換えてください。

タグ:, ,

質問はこちらから