著作権の制限について

著作権は制限(例外)がいっぱい!だから分かりにくい。そんな『著作権の制限について』お話します。
著作権の制限については、著作権法の第三十条~第五十条で規定されています。
条文数が多いので、内容と条文の関係を簡単な表にして見ました。
尚、同一条文の中に別の内容が入っていることがあるため、条文が重複している箇所があります。

内容 条文
私的使用のための複製 第三十条
図書館等における複製等 第三十一条
引用 第三十二条
転載 第三十二条、第三十九条
教育関係 第三十三条~第三十六条
福祉関係 第三十七条
営利を目的としない上演等 第三十八条
報道関係 第四十条~第四十二条
司法・立法・行政関係 第四十二条
放送事業者等の場合 第四十四条
美術・写真・建築の場合 第四十五条~第四十七条
コンピュータ・ネットワーク関係 第四十七条

 
 

次回からは、『著作権の制限(例外)』の種類を一つ一つ見ていきます。
他と同じく、このサイトはエンジニア向けですから、エンジニアが直接関係しそうな部分を先行してお話します。
関係しなさそうな分野については、追々、お話していきます。

タグ:, , , ,

質問はこちらから


広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません広告枠・・・広告やリンク先の保証はしません