訂正箇所の再訂正について

訂正・削除・追加した文字を再訂正する方法のご質問をいただいたので、こちらで紹介します。
訂正の仕方については、契約書の訂正の仕方についてで詳細をお話していますので、回答だけ、簡単に説明します。

実務的には、契約書の作り直しです。

契約書に記載されているのは、「xx文字削除 xx文字追加」だけです。
このため、同じ場所を訂正する場合は、どちらの削除や追加の文字数なのかがわからなくなります。
訂正などされた文字数によっては、数えればわかる場合もありますので、絶対にダメとまでは言えません。
しかし、契約書が分かりにくくなることや、文字数に依存するため、実務では作り直しています。

訂正・追加・削除は、簡易の変更をすることを主な使用方法なので、再訂正では使用しない方がよいです。

タグ:, , , ,

質問はこちらから