自動更新契約(自動継続契約・自動延長契約)の終了について

自動更新契約(自動継続契約・自動延長契約)の終了についてお話します。
自動更新契約(自動継続契約・自動延長契約)って何?という方は、自動更新契約(自動継続契約・自動延長契約)についてを参照ください。

自動更新契約では、自動更新契約(自動継続契約・自動延長契約)についてに記載したように、通知によって終了する契約です。
ただ、契約内容により、通知のタイミングが異なり、対応が異なるので、以下のように2つに分けて考えましょう。

  • 通知すればいつでも終了(解約)できる場合
  • 契約更新時のみ通知すれば終了(解約)できる場合

通知すればいつでも終了(解約)できる場合

お話するまでもなく、通知すれば、契約が終了します。
ただし、通知期限がある場合は、その期間が経過したときに契約が終了します。

契約更新時のみ通知すれば終了(解約)できる場合

契約を終了したいタイミングが契約更新時であれば、通知すれば、契約が終了します。
問題は、契約更新時以外に契約を終了させたいときです。
このとき、契約書の中に、解約条項の記載があるかどうかによって、対応が異なります。
解約条項って何?という方は、解約条項を参照ください。

解約条項はある場合は、それに従います。
解約条項がない場合は、解約条項がないときでお話したようになります。

タグ:,

質問はこちらから