契約書条文に出てくる内容について

ここからは、契約書の条文に書いた方が良い内容について、考えます。
契約内容によっては、存在しない項目もありますので、すべてが必須ではないです。
どの契約にも当てはまるであろう項目については、その項目でお話しいたします。

一般的な契約に出てきそうな項目として、考えられるものを以下に記載しました。
特約のような契約交渉などで特別に出てくる内容は含んでいません。

  1. 契約の期間
  2. 契約対象
  3. 契約の対価
  4. 禁止事項の明示
  5. 瑕疵担保条項
  6. 権利の移転日時
  7. 危険負担
  8. 契約違反した場合の対処条項
  9. 解約条項
  10. 契約終了時の対応条項
  11. 管轄裁判所の指定
  12. 契約書に記載がない場合の対処条項

それぞれについて、また、考えていきましょう。

最初は契約の期間について考えます。

タグ:,

質問はこちらから