契約対象について

契約の対象についてです。
契約の対象についても、契約の期間同様、必須事項です。
対象が特定できければ、契約通りになったのか、確認できません。
このため、対象を特定する必要があります。

契約の対象は物だけ?

契約の対象というと、真っ先に思いつくのは、物ではないでしょうか。
不動産の売買であれば土地や建物ですし、コンビニでお菓子を買えばお菓子が対象です。

しかし契約の対象は、物だけではありません。
サービス(活動)なんてのも対象になります。
例えば、運転代行です。
指定した場所に車で運転して運んでもらう。
この場合、運転することが契約の対象になります。

また、最近の例では、スマフォにダウンロードしたアプリ。
アプリなので、物ではありません。
この場合は、アプリを使用する権利が契約の対象になります。
ややこしいお話が出てくるので、ダウンロードしたアプリは物ではないと、
覚えていただければ、このお話ではよいです。

以上のように、契約の対象は物だけではありません。
正確に言うと、義務や権利も対象になるということなのですが、
この場でのお話にそぐわないので、割愛します。

次は、契約の対価についてです。

タグ:, ,

質問はこちらから