契約交渉のツールにするため

ビジネスの現場では、契約交渉に時間がかかりますし、その内容は多岐にわたります。

継続して取引をしている場合は、内容がわかっていることが多いので、いきなり契約書を提示する場合もあります。
しかし、取引が最初の相手の場合、契約交渉をするときに一から話を進めると、説明も大変になるし、何を話したのかわからなくなることもあります。
そこで、基本的な考え方をお話しで合意できた段階で、契約書を作成します。

次に、契約書に書いてあることを、お互いに確認して、問題がある場合は、問題の個所をさらに交渉します。
このプロセスを繰り返すことにより、合意事項の確認もできます。
いうなれば、契約書は、契約交渉のためのツールとして使われることになります。

最終的にお互いが合意して問題ない契約書になると、契約交渉が終了します。

次は法律の範囲内で許されたルールを修正するためです。

タグ:, ,

質問はこちらから