契約の期間一ヶ月って、いつからいつまでですか? ~ 契約書に記載する期間について ~

契約の期間1年って、いつからいつまでですか?とご質問頂いたので、こちらでお話します。

民法の規定では条件があるので、いくつか場合分けをしないといけないです。
順をおってお話します。

時間で期間期間を決めた場合

即時に始まり、時間が来ると終わります。

日、週、月、年で期間を決めた場合

初日について

民法では、初日は不算入が原則です。
ただし、その期間が午前0時から始まるときは、初日を含めます。

言いかえると、暦の一日単位になるので、午前0時からでない場合は、24時間に満たないので、切り捨てて考えます。

この後お話する終了を判断する上で重要なので、しっかり確認しましょう。

終了日について

期間が日にち(x月x日)で指定されている場合

期間は、その末日の終了をもって期間が終わります。
このことから、契約書に書かれた終了日も含まれます。

ただし、休日などでその日に取引をしない慣習がある場合は、その翌日まで契約が継続します。

期間が1月などの期間(日、週、月、年)で指定されている場合

基本形は暦に従います。
気を付けることは、先ほどお話した初日の扱いです。
初日が入るかどうかで1日ずれを生じます。
4月1日から1カ月の場合を例にお話します。

  1. 初日不算入の場合:
    4月2日から5月1日の終了まで
  2. 初日参入の場合:
    4月1日から4月30日の終了まで

1月30日から1カ月の場合は?

暦の例外です。

2月がわかりやすいので2月を例にします。

1月30日から1カ月というと、初日不算入の場合、2月30日になりそうです。
しかし、2月はうるう年でも29日までで、2月30日にはなりません。
このような場合、その月の月末の日で終了することになります。

2月28日(うるう年なら2月29日)が終了するまでになります。

この暦の例外については、別途ご質問頂きましたので、契約期間はいつまで? ~ 契約書に記載する期間について その2 ~に、もう少し掘り下げた追加のお話を用意しました。
わかり難いようでしたら、追加のお話もご覧ください。

タグ:

質問はこちらから